革新が進む時代に挑戦し、
創造力あるビジネスリーダーへ。

1年次から少人数の基礎演習にて、PBL(課題解決型学習)を実施。2年次からは希望に応じたコースを選択し、専門知識を深めていきます。予測困難な現代の企業経営においては、経営学、商学、会計学を幅広く体系的に学修することが重要です。これらを3本の柱とし確実に理解した上で、希望する進路に向け、マーケティングや流通、貿易、経営戦略、ICTといった特定の専門分野に関する知識を深めていきます。

学部のポイント

  • 1. 経営学?商学?会計学を体系的に学修し、幅広い知識を修得

    経営学基礎、会計学基礎を必修科目、商業学を履修推奨科目とし幅広く体系的な学修を行います。2年次からはコースに沿った専門知識を深めることで、変化が著しく予測困難な現代の企業経営に対応できる能力を養います。

  • 2. 1年次から全員がPBL(課題解決型学習)を実践

    2019年度は「経済産業省近畿経済産業局?2025NEXT 関西企画室」と連携し、大阪万博へ出展をめざす企業の課題に取り組むと同時に、プレゼンテーション大会を開催するなど、1年次から実践的なPBLを行っています。

  • 3. アドバンスト演習での学修を通じて、より高度な人材を育成

    より高度な学修を希望する学生のためのアドバンスト演習を設置。各業界のリーディングカンパニーなどで活躍できる知識?技能の修得や、高難易度の資格取得、試験合格をめざします。

  • 4. 4年間の一貫したキャリア教育を実施

    1年次より専門学修と連動したキャリア教育を実施。実務経験が豊富な教員の指導により、1年次の「ビジネスキャリア基礎」から3?4年次の「ビジネスキャリア実践」まで、専門学修と連動したキャリア教育を行うことで段階的にキャリア意識を醸成し、希望の就職を実現します。

  • 5. 全員必修のインターンシップで、実践的な知識とスキルを修得

    1 年次から将来の進路や職業の選択に必須の知識とスキルを修得するためにインターンシップを必修としています。企業が抱える課題解決に挑むインターンシップ、企業のグローバル化に対応した海外インターンシップなどを実施します。

教育特色

PBL(課題解決型学習)

1年次から全員が、PBL(課題解決型学習)に取り組みます。「経済産業省近畿経済産業局?2025NEXT 関西企画室」と連携した大阪万博に向けた未来ビジネスの考案や、大阪万博に出展をめざす企業の課題解決など実践的なテーマに取り組みます。PBLを通して、論理的思考力や創造力、協調性など多様な能力を養うことができます。

アドバンスト演習

経営学の発展的な領域の学修に、より特化した専門分野で通用する高度な能力にまで磨き上げるアドバンスト演習が充実。各業界のリーディングカンパニーなどで活躍できる知識?技能の修得や、難関の資格取得、試験合格をめざすプログラムを用意しています。

インターンシップ

学生が全員参加し、多業種理解を深める「スタートアップ?インターンシップ」と、多彩な業界?企業の中から選択し就業体験に臨む「チャレンジ?インターンシップ」。さらに海外インターシップなど、多様なインターンシップによって将来の進路や職業の選択に向けた就業観を養成します。

4年間の学び

1年次

経営学の基礎力をつける

専門基礎科目として「経営学基礎」「会計学基礎」、専門共通科目として「経営組織」「経営管理論」などを履修。ビジネスの今を感じる経営学の学びはここから始まります。基礎固めとともに、コース制?専攻分野の演習(ゼミ)について理解します。

2年次

ビジネスの専門知識を各コースで深める

希望進路にそってコースを選択。マネジメント、マーケティング、会計などの専門知識を修得し、さらにその知識を演習(ゼミ)での学びで深めていきます。また、キャリアゼミも2年生からスタートします。

3年次

大学と社会でアクティブラーニング

培った専門知識を社会での実践に結びつけるための力を養う学修が本格化。「経営戦略論」などの専門科目のほか、実地体験型授業やアドバンストプログラムを通じて、課題発見力や解決力を高めます。

4年次

卒論で経営学の専門知識を追究
社会へ飛び出す準備も

卒業論文の作成に向けて学びを深め、ゼミで経営学の専門知識を追究。同時に、一人ひとりがめざす進路に向けて、社会での実践力の強化も。社会に出る直前の準備を進めます。