2021.10.01 伟德体育 学生向け伟德体育感染予防マニュアル(2021年度秋学期版) 学生生活

2021年10月1日
大阪経済法科大学
在学生の皆さん
 
 学生向け伟德体育感染予防マニュアルを下記のとおり、更新しました。主な変更点は赤字にしていますので、確認してください。
 
 
学生向け伟德体育感染予防マニュアル
(2021年度秋学期版)
 
はじめに
 2021年度秋学期を迎えるにあたって、改めて本学における感染予防対策を以下のとおり実施します。感染予防には様々な細かい配慮と行動が必要となります。これらの感染予防のための行動が、自分自身や友人、教職員を助けることになります。みんなで協力しあって、感染を予防しましょう。
 
   
 
 
<春学期版からの主な変更点と特徴>
①ワクチン接種の推奨
②定期的なPCR検査と体調不良時の抗原検査
③これまでの感染予防対策のさらなる徹底
 ※なお、この感染予防マニュアルは、2021年9月時点の伟德体育の感染状況や政府の方針等に基づくものであり、感染の拡大状況やワクチン接種の進展などにより、変更されることがあります。
 
<ワクチン接種の推奨について>
 ワクチンは発症予防?重症化予防に大きな効果があると言われています。本学では、6月21日から8月27日に職域接種を実施した結果、自治体等での一般接種で接種された方を含め、9月27日時点で、常勤教職員の約93%、学生の約68%の人がワクチン接種を完了しています。
 今後、接種率がさらに高まれば、キャンパス内での安心?安全な活動再開に大きく寄与します。大規模接種会場をはじめ、自治体や国が多様な形で接種機会を確保していますので、ワクチン接種をぜひ積極的に検討してください。
 ※予防接種は「努力義務」(予防接種法第9条)であり、強制ではありません。健康上の理由等によりワクチンを接種できない方が本学で不利に扱われることはありません。
 ※政府では、ワクチンの接種証明書と検査の陰性証明書を活用して、感染予防のために行われて来た行動制限を緩和することが検討されています。

 
<感染や濃厚接触者となった場合の対応について>
在学生の皆さん及び同居家族の方で、▽伟德体育への感染が確認された、▽PCR検査を受けることになった、▽濃厚接触者に指定されたなどの場合は、直ちに下記連絡先に連絡してください。保健所と協力して、濃厚接触者の調査などを行い、必要な対応と支援を行います。

 
<感染が判明した、濃厚接触者となった場合の連絡先>
 大阪経済法科大学 庶務課(担当:山崎、桑原)
  平日(9時~17時)連絡先 072-941-8211(代表)、072-941-1503(庶務課直通)
  土日祝日?夜間 連絡先   072-941-3215
 
1.登校の前に
(1) 毎日の体調管理
 ○毎朝、検温して体調を確認し、「健康観察シート」を記入してください。日常生活におけるマスクの着用、手洗いなど基本的な感染予防対策を徹底してください。
 ○健康観察シートは、大学に登校する際、必ず忘れないように持参してください。毎週の演習の時間に健康状態を確認するほか、必要に応じて、授業への出席や施設の利用に際し、健康観察シートの提示を求めることがあります。
 ○免疫力を高めるため、「十分な睡眠」、「適度な運動」、「バランスの取れた食事」を心がけてください。
 
(2)発熱や風邪の症状がある場合
 ○発熱や風邪の症状がある場合は、登校せず自宅で療養してください。また、最寄りのかかりつけ医など、医療機関を受診してください。
 
<登校禁止の基準>
 1)伟德体育感染症にり患している、もしくはその可能性がある場合
   ① 本人もしくは同居家族がPCR検査を受け陽性となった。
   ② 本人もしくは同居家族がPCR検査を受けた、もしくは受ける予定である
   ③ 本人もしくは同居家族が濃厚接触者に指定された、もしくはその疑いがある
   ④ 接触確認アプリやコロナ追跡システム等で感染者との接触が通知された
 2)48時間以内に発熱や以下の風邪の症状など体調不良がある場合
咳、息苦しさ、鼻水、喉の痛み、体のだるさ、腹痛?下痢、頭痛、味覚?嗅覚の異常など。(持病?既往症によるものの場合を除く)
 3)海外の国?地域から日本へ入国し、検疫所長の指定する場所(自宅など)で入国の次の日から起算して14日間待機する場合
 上記の理由により、授業を欠席する場合は、出席管理上、「欠席」とは扱いません。大学に連絡?相談し、指示に従ってください 。
 海外から日本への再入国に関する情報は、UNIVERSAL PASSPORTに掲載していますので、ご覧ください。
 
<発熱や風邪の症状がある場合の連絡先>
 大阪経済法科大学 教務課
  平日(9時~17時)連絡先 072-920-7062(教務課直通)
 
2.登校時
(1)公共交通機関の利用
 ○自宅から大学の往復で、電車?バスなど公共交通機関を利用する際には、必ずマスクを着用し、人との間隔を保つなど、感染予防対策を行ってください。
 ※冬場は寒さ対策、乾燥対策をしっかり行うようにしてください。
 
(2)スクールバスの利用
 ○スクールバス乗り場では、本学教職員の案内に従って、人との間隔をあけて整列し、乗車してください。
 ○乗車の際は、必ずマスクを着用してください 。マスクを着用していない場合は乗車できません。
 ○アルコール消毒を行ってから乗車してください。 (消毒液によってアレルギー症状を起こしたり、皮膚荒れ等が生じたりする場合は、専門医等の指導に従ってください。)
 ○車内において会話は禁止します
 ○感染防止のため窓を開放して運行します。環境に応じた服装で乗車してください。
 ※スクールバスは1往復ごとに消毒を行うなどの感染予防策を講じます。
 
3.キャンパス入構時
(1) マスクの着用
 ○学内では必ずマスク着用をしてください。マスクを着用していない場合は、キャンパスに入構できません。マスクが破損した、なくしたなどの場合は、大学で購入することができます。(花岡キャンパス:学生課、八尾駅前キャンパス:1階事務室)
 ○使用済みのマスクなどはキャンパス内で捨てず、ビニール袋などに入れて持ち帰ってください。
 ※清潔なハンカチ、ティッシュ、消毒液等の感染防止対策用品を持参することを推奨します。
 
(2)キャンパス到着後の検温の実施
 ○花岡キャンパスに登校する際には、それぞれのスクールバス乗場、もしくは西門守衛室前で検温を受け、アルコール消毒を行ってからキャンパスに入構してください。
 ○八尾駅前キャンパスに登校する際には、1階入り口でサーモグラフィによる検温を受け、アルコール消毒を行ってから、キャンパスに入構してください。
 ○サーモグラフィ等による検温で37.5 度以上の発熱がある場合、接触型体温計を使って改めて検温します。それでも発熱が確認される場合、学生課(花岡:本部棟1階/八尾:1階事務室)に来てください。キャンパス内で抗原検査を実施した後、帰宅していただきます。検査の結果が分かり次第、大学から結果内容について連絡します。陽性の場合は、保健所と協力しながら、必要な手続きを行います。陰性の場合は、自宅にて48時間待機していただきます。
 ※上記の理由により、授業を欠席される場合は、出席管理上、「欠席」とは扱いません。
 
(3)キャンパス内の移動
 ○キャンパスの入構や教室への移動等で、できる限り密集?密接が起こらないよう、導線を定めている場所があります。案内?掲示等に従い、移動するようにしてください。
 ○低層階は階段を利用するなど、エレベーターは可能な限り使用しないでください。利用する際は、ボタンの押し方、利用人数、エレベーター内の立ち位置等掲示された事項を遵守し、会話はしないでください。
 
4.教室での授業の受講
(1) 座席配置
 ○感染予防のため、履修人数に応じた座席配置としています。また、座席指定を行いますので、必ず自分の座席に着席するようにしてください。
 ○教職員や友人と話をするときは、大きな声を出さず、近い距離で正面に向き合わないようにしてください。
 
(2) 教室入室?退室時の手指の消毒
 ○各教室にアルコール消毒液を設置しています。教室に入室、退室する際は、手指消毒をしてください (消毒液によってアレルギー症状を起こしたり、皮膚荒れ等が生じたりする場合は、専門医等の指導に従ってください。)
 
(3) 換気の徹底
 ○教室の換気についてはロスナイ換気扇を常時稼働させ、出入口を開放し換気を行います。
 ○気温?湿度に応じてエアコンをかけますが、環境に応じた服装を着用してください。
 
(4)教室の消毒?除菌清掃
 ○使用する教室は、毎朝、消毒?除菌清掃を行います。
 ○学生の皆さんにご協力いただき、授業ごとに教室の消毒?除菌清掃を行います。教員の指示に従い、自分の座席回りの机?イスなどの消毒?除菌清掃を行ってください。(各教室に消毒?除菌清掃セットを準備しています。)
 
(5)マスク及びフェイスシールドの着用
 ○授業中は必ずマスクを着用してください。教職員は必要に応じてフェイスシールドを着用します。
 ○演習など、対話?討論をする必要がある場合は、マスクとともにフェイスシールドを着用します。使用前後の消毒?除菌清掃を含め、各自で管理するようにしてください。フェイスシールド及びマスクを忘れた場合は花岡:本部棟1階医務室、八尾:1階事務室で購入してください。
 
5.キャンパス滞在中
(1)窓口?事務所の利用
 ○八尾駅前キャンパス1階事務室、教務課、学生課、国際教育交流センター、エクステンションセンター、図書館などの窓口は、アクリル板等飛沫防止のパーティションを設置します。聞こえにくいことがあるかも知れませんが、ご理解ください。
 ○窓口での密集?密接を避けるため、入室の制限、フロアマーカーによる入室?退室の経路の指示、人との距離の確保を行います。メールや電話などによる相談、通常での窓口以外の相談コーナーの設置なども行いますので、窓口での密集?密接を避けるようご協力をお願いします。
 ○各窓口には消毒液や除菌シートを設置しますので、ご利用ください。
 
(2)図書館の利用
<花岡キャンパス>
 ○入館時には玄関で手指消毒を行い、マスクを必ず着用してください。
 ○1階受付で受付票に学籍番号、氏名、利用目的?内容等を記入し、受付カードを受け取って指定された座席に着席してください。
 ○2階?3階閲覧席は全席会話を禁止しています。
 ○エレベーターについては、基本的に使用を控え、やむを得ず使用する場合は乗車人数を2人までにしてください。
 ○座席?PCコーナー等には、消毒液?除菌シートを設置していますので、必ず使用の前後に、机、椅子、PC、キーボード、マウス等を消毒してください。使用済みの除菌シートは専用のゴミ箱に捨ててください。マウスやヘッドセットなどは各自が持参したものも使用可能です。
 ○閲覧した図書等は本棚に戻さず、返却棚(箱)に返却してください。
 ○レジュメ等を印刷するために1階PCコーナーを利用する際は、受付票を記入する必要はありませんので、掲示に従ってご利用ください。
 
<八尾駅前キャンパス>
 ○入館時には入口で手指消毒を行い、マスクを必ず着用してください。
 ○受付で受付票に学籍番号、氏名、利用目的?内容等を記入し、受付カードを受け取って指定された座席に着席してください。
 ○閲覧席は全席会話を禁止しています。
 ○座席?PCコーナー等には、消毒液?除菌シートを設置していますので、必ず使用の前後に、机、椅子、PC、キーボード、マウス等を消毒してください。使用済みの除菌シートは専用のゴミ箱に捨ててください。マウスやヘッドセットなどは各自が持参したものも使用可能です。
 ○閲覧した図書等は本棚に戻さず、返却棚(箱)に返却してください。
 
(3)PC教室などの利用
 ○PC教室などの施設を利用し、遠隔授業の受講や自習が可能です。
 ○入退室時には手指消毒を行い、マスクを必ず着用してください。
 ○PC教室には、消毒液?除菌シートを設置していますので、必ず使用の前後に、PC、キーボード、マウス等を消毒してください。使用済みの除菌シートは専用のゴミ箱に捨ててください。マウスやヘッドセットなどは各自が持参したものも使用可能です。
 
(4)キャンパス内での飲食
 ※飲食する際には、どうしてもマスクを外す必要があり、飛沫感染の危険が高まります。特に注意して行動するようにしてください。
 
<両キャンパス共通>
 ○飲食する際には、必ず手洗いや消毒液による手指消毒を行ってください。
 ○飲食中は、会話を控え黙食してください。友人と話をしたい場合には、食事を終えてマスクをしてから会話するようにしてください。
 ○友人と食事を分け合う、飲み物を回し飲みする、食器やコップを共有するなどは絶対にしないでください。
 ○飲食が終わったら、席に長居せず、速やかに移動してください。
 ○飛沫防止のパーティションを挟んで着席し、パーティションを移動させたりしないでください。
 
<花岡キャンパス>
 ○花岡キャンパスでは、クロノス1階レストラン、図書館別館1階コンビニ、弁当販売(C号館北側)を営業します。
 ○キャンパス内で食事をする場所は、クロノス1階レストラン、2階カフェラウンジ、A号館1階スチューデントコモンズ、文化会館1階食堂、屋外のベンチに限定します。その他の施設?教室では、軽食やおやつを含め、食事をしないでください。
 ○クロノス1階レストラン、2階カフェラウンジ、3階ガリオン、文化会館1階食堂、A号館1階スチューデントコモンズには、飛沫防止のパーティションを設置します。建物外のベンチで飲食する際には、向かい合って座らないようにしてください。
 ○飛沫防止のパーティションを挟んで着席し、パーティションを移動させたりしないでください。
 
<八尾駅前キャンパス>
 ○八尾駅前キャンパスでは、レストランは営業しません。学内で昼食をとる場合は、自宅等から持参してください。
 ○キャンパス内で食事する場所は、2階学生プラザと7階ラウンジ、3限目に使用する講義室(演習室は不可)に限定します。その他の施設?教室では、軽食やおやつを含め、食事をしないでください。
 ○2階学生プラザと7階ラウンジには、飛沫防止のパーティションを設置します。
 
(5)コンビニ、書店の利用
 ○入店?退店、店内滞在中、レジ清算時など、人との距離を確保してください。フロアマーカー等に従い、移動してください。なお、混雑時には入場を制限する場合があります。
 ○従業員と利用者の間は、飛沫防止のパーティションを設置します。
 
(6)滞在中の体調不良時について
 ○キャンパス内滞在中に体調不良があった場合は、学生課(花岡:本部棟1階/八尾:1階事務室)に来てください。抗原検査を実施します。陽性の場合は、帰宅していただいた上で保健所と協力しながら、必要な手続きを行います。陰性の場合は、帰宅していただき、自宅にて48時間待機していただきます。

 
(7)喫煙場所の利用
 ○キャンパス内で喫煙する際は、指定された喫煙場所を利用してください。喫煙する際は、どうしてもマスクを外し飛沫感染のリスクが高まりますので、人との間隔を空け、会話せずに喫煙するようにしてください。人との間隔を空けることができない場合は、喫煙場所に入らず、待機するようにしてください。また、喫煙場所では長居せず、譲り合って利用してください。

 
(8)その他
 ○話をするときは、大きな声を出さず、できる限り正面で向き合わないようにしてください。
 ○トイレの使用は掲示に従い、手洗い、アルコール消毒はもちろんのこと、除菌清掃を徹底してください。
 
6.課外活動における感染予防対策
 大学で定められた「課外活動再開に係る活動基準」及び「課外活動における伟德体育感染症対策ガイドライン」を厳守し、再開が認められた団体のみ課外活動を再開することができます。また、当分の間、クラブ内でのイベントや合宿等は禁止です。
 
<基本事項>
 ?クラブ活動の参加にあたっては、本人及び保護者の連名による参加意思確認書を提出する。
 ?マスクを常時着用する(スポーツ活動中は外して良い)。
 ?日常的に体温測定や諸症状の有無など健康観察を行う。
 ?身体的距離を確保する(身体的接触がある活動は避ける)。
 ?石鹸による手洗い、アルコール消毒液による手指の消毒を徹底する。
 ?利用する施設?設備、練習用具等の消毒?除菌清掃をこまめに行う。
 ?屋内施設(体育館、部室、更衣室等)の換気(窓?扉の常時換気)を行う。
 ?接触確認アプリ「COCOA」を登録?利用する。
 ?定期的にPCR検査を実施する。
 
<日常生活の自己管理>
 ?自宅外での会食(下宿等での友人との会食を含む)は当分の間自粛する。やむを得ず会食を行った場合は、翌日から4日間活動に参加できない。
 ?発熱だけでなく、頭痛、咳、倦怠感など平常時と異なる変調がある場合、活動に参加しない。
 ?家族や友人?アルバイト先などで陽性者や濃厚接触者が出た場合、自身に症状がなくても活動に参加しない。
 
<活動前日?当日の体調確認>
 ?前日夜もしくは当日朝に発熱もしくはその兆候などがあれば、活動に参加しない。
 ?活動前の検温?体調確認で異常がある場合、活動に参加しない。
 
7.学外での感染予防行動等
(1)会食における感染予防対策
 ○「感染リスクが高まる5つの場面」(①飲酒を伴う懇親会、②大人数や長時間に及ぶ飲食、③マスクなしでの会話、④狭い空間での共同生活、⑤居場所の切り替わり(休憩時間など)を踏まえ、家族?親戚や友人と飲食店等を利用する際には、感染予防行動を徹底してください。
 ○大阪府では「不要不急の外出自粛」が呼びかけられていますので、当分の間、同居家族以外の方との会食は控えましょう。
 
(2)休業期間中の旅行や帰省における感染予防対策
 ○休業期間中に旅行や帰省を行う場合、感染予防に細心の注意を払ってください。また、地域の感染状況や政府?自治体からの情報発信に注意を払い、状況によっては、自身の判断で中止する心構えを持っておきましょう。
 
8.伟德体育接触確認アプリ等の活用
 厚生労働省において開発された「伟德体育接触確認アプリ(COCOA)」は、伟德体育感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受け取ることができるものです。本アプリは利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されるため、ダウンロードして登録?活用するようにしてください。
 この他、大阪府の「コロナ追跡システム」など、各自治体でも、感染者と接触した可能性のある方を追跡することができるシステムが導入されていますので、活用するようにしてください。
 ※その他、感染予防のため、教職員が指示をする場合があります。その際は、その指示に従ってください。
以上